【セブンイレブン】新たなおにぎりの王道?「手巻きおにぎり ピリ辛!明太ツナ子」さっそく食べてみた実食レポ・クチコミ紹介

「手巻きおにぎり ピリ辛!明太ツナ子」価格・商品紹介!

初めてこの商品をセブンイレブンで見た時に「びびっと」来ました!

自分の好きな明太子とツナが融合しているではないか・・・
ん・・?待てよ、この商品どこかでみたような・・・。

つ、ツナめんたいが、明太ツナ子になっている!!

ということで、「ツナめんたい」は2019年の11月ごろに発売されたもので今回のは再販?みたいなもののようですね笑

もともとおにぎりは明太子系が好きなので、深く考えずに新商品だからということで購入したのですが、商品名をよく見てみると明太ツナ子ってなんだろう?とちょっと疑問が湧きました。

名字が「明太」で名前が「ツナ子」で「明太ツナ子」さんっていう人名なのかな?セブンイレブンのおにぎりらしくひねりの利いた商品名で、それでいて一応具材がどんなものなのかがわかるようになってるのは流石です。

皆さんわかりますか?以前のパッケージと比べると明太子が追加されて美味しそうな見た目になっています!!

気づきにくいですし、正直自分も画像を見比べるまで気づきませんでしたがこういう気づくかわから良いようなところでも改善を入れているところは、さすがのセブンイレブンというところですね。

セブンイレブンの向上心には尊敬します!

お値段は1個税込み135円ということで他のおにぎりと同じ値段ですね。カロリーも184kcalとなっていて、特段ここで悪い印象は受けませんでした。

コンビニおにぎりの新しい定番?実際に食べてみた感想!

では、さっそくいただいてみますがお味のほうはこうきたか?という感じで意外性があります。

説明がちょっと難しいですが、明太子おにぎりもツナマヨおにぎりもコンビニおにぎりの大定番ですよね。

それで、両方が入っているならそれぞれの味が主張するタイプかなと思いながら食べたのですが、これは確かに「明太ツナ子」という新ジャンルでした!

明太子とツナの具材は別々に入っているのではなく混ぜ合わされて入っているのです。だからどこからかじっても明太子のピリ辛プチプチ感と、ツナのしっとり感、マヨネーズの風味が一遍に感じられます。

どちらかというと味が濃い目のおにぎりですが、周りのご飯部分が空気を含んでふんわり握ってあるので口の中でうまくばらけてちょうどよくなる感じです。

ピリ辛と書いてありますが明太子の辛さがマヨネーズで上手くつつまれてそこまで刺激的じゃないのも、ランチライムに食べるのにちょうどよさそうです。

出尽くした感のあるおにぎりの具材に、新しい明太ツナ子という新ジャンルを開拓したセブンイレブンさすがです。

世間のクチコミ・感想を紹介!

2つに割ってみると、明太子とツナがたっぷり入っていてもうこの時点で嬉しい限りですぎりです。
明太子の粒々が映え、香りが食欲を誘います。
おにぎりに明太子が合わないわけがなく、ツナとの辛みが絶妙でおいしかったです。

明太子はピリリと後を引く辛味。粒々感があり、明太子を食べている感がよく出ている。ツナのねっとりとした舌触りと明太子の粒々感が、ふっくらとしたご飯によく絡んで美味しい。

旨味を感じるツナだと思いました。美味しいですね。

バランス的にはツナというよりかは、あくまで明太子を前面に出しているように感じました。
口の中に余韻として残る明太子の辛味がとってもいいね。

ツナの食感と旨味もさることながら、ご飯の旨味と明太子の辛味は、やっぱり抜群の相性で、絶対的に美味しいと再確認できるね。

クチコミでは、ツナと明太子の相性がいい!というクチコミが多い印象でした。確かにこの商品はどちらが多すぎるでもなく絶妙なバランスでした。

まとめ

今回は初めておにぎりを取り上げさせていただきました。

自分はほとんど弁当ばかりを買ってしまい、おにぎりにはまったく手を出していなかったので久しぶりに食べたおにぎりはとても美味しかったです。

今回の評価は・・・・

星3.5点です!高評価をつけさせていただきました!
日ごろからお昼ご飯をセブンイレブンで済ませている方は是非一度食べてみてください!

新たなコンビニおにぎりの定番商品になるかもしれませんね。

最新情報をチェックしよう!